語彙力の増やし方(その4)

その3からの続きです。こうして続けていると、電子辞書に調べた英語がストックされてきます。

検索履歴を一覧で出せる機能がついているはずですから、表示してこれを寝る前とかちょっとした隙間時間に眺めるのです。時間をかける必要はありません。さーっと眺めるのです。

綴りを書いたりはしません。英単語を眺めて、パッと意味が分かればOKです。スピードラーニングに頼るものぐさな我々はそれをやっているとおっくうになって続かなくなるからです。

これを一日に何回か行ってください。特に寝る前が効果的だと思います。

綴りを覚える必要はありませんが、声を出すようにしましょう。ぶつぶつぶつぶつ言いながら眺めるのです。リスニング力を上げるために音と意味を結びつけるのです。

余裕があれば、例文を音読する、ここまでやれば完璧です。

完璧なんだけど、やっぱりしばらくすると忘れます。

あれ、この単語、以前におぼえたはずなんだけど、ということはあるはずですが、忘れたらまた覚えればいいのです。

気楽に楽しみながらやりましょう。スピードラーニングに頼る我々なのですから…。

こうして洋書を2~3冊程度終わらせたら、そのあとのスピードラーニングのリスニングはもの凄く楽になるはずです。聞き流しの効果も倍増します。

それに多読の習慣もつくはずです。多読は英語習得にはとても効果的だと言われています。

是非試してみてください。

繰り返しになりますが、読んでいて楽しい洋書を選んで下さいね。ここ間違うと辛くて投げ出してしまいますから。

「そんなことしなくても私は単語集で覚えられたよ」ですって?

そんな優秀なあなたはスピードラーニングじゃなくても大丈夫だと思いますよ。羨ましい限りです。

あと言い忘れました。
これをやるのは、スピードラーニングで英語の聞き流しをするのが習慣化できた人です。やり始めたばかりの人は、一度に負担を増やすと辛くなりますから、先の楽しみにとっておいてください。

読んでくださってありがとうございます。