コツその24 ヘタでいいからスピードラーニングで音読してみる

スピードラーニングを聴くことに慣れてきたらたまには音読することをお勧めします。

音読というのはとってもシンプルな方法ですけどものすごく効果的です。英語を話すほうに効果があるのはもちろんですが、聞き取りにも効果があるのです。

音読がなぜ聞き取りにも効果があるのか、理由は私にはわかりませんが、実際にやってみると効果は実感できます。。英語がずっと聞き取りやすくなるのです。この効果についてはいろいろな本にも書かれています。

音読するときの注意事項としては、最初は質よりも量です。「発音に自信がないから恥ずかしい。もっと上手になってから」と思う人もいるかもしれません。

私も実は最初そう思っていて、英語の発音方法のDVDを買ってきて口の形とか舌の位置とかを気にしながら単語ひとつひとつの発音を練習していました。正しい発音を身に着けてからスピードラーニングの音読に入ろうと思っていたのです。

しかしこのDVDの練習がつまらないのです。解説を読みながら同じ単語を何回も発音するような単調なトレーニングを我慢できるほど私は努力家ではないのです。結局放棄してしまいました。

できることをやる!

これをモットーにしていますので、細かい発音は気にしないでスピードラーニングのテキストを音読し始めました。

普段聞きなれた素材なので比較的スムーズに音読できます。何回も繰り返すとリズムが出てきます。舌の筋肉を動かしているうちに筋肉が柔らかくなったのかもしれせんが、LとかRとかの発音もどんどん上手くなってくるのがわかります。神経質にならなくても繰り返しているうちにうまくなるのです。

ヘタでもいいから繰り返していると上手くなる!

これを実感しました。スピードラーニングを聴いて、次に音読。もう一度聞き直して音読。この繰り返しです。

この音読をしばらくやると英語脳に変わるというか英語が口から出やすくなります。今日の出来事とかを英語で話せたりとか、普段ではできないことができるようになりました。

こうなるとうれしくなって、もっと英語をがんばろうという気持ちになれます。

スピードラーニングの英語もいつもよりも聴きやすい気がします。

ヘタでいいので音読する。

おススメです。