コツその8 イメージトレーニングでヤル気アップ

スピードラーニングを始めた時ってヤル気まんまんだと思いますが、中だるみになることってあると思います。そういう時にお勧めしたいのがイメージトレーニングです。

これは自己啓発などで利用される方法です。成功している自分をイメージするのです。とはいっても英語をペラペラと話している自分はなかなかイメージしにくいかもしれませんね。

僕は流暢に英語を話している日本人の映像をインターネットの動画で見るようにしました。自分と同性で同年代の人の映像が自分と重ね合わせやすいから良いかと思います。

例えば楽天の三木谷社長。ぼくは三木谷社長が英語でネイティブのインタビューに答えている映像を何回も見ました。「カッコいいなぁ~、あんなにしゃべれるようになりたいな~。」とヤル気が自然と湧いてきたものです。

イメージトレーニングは言葉に頼るのではなく、映像に頼るのがコツだそうです。「英語を話すために自分はナニナニを頑張る!」と頭るだけでは心が拒否反応を起こしてしまうそうです。まずは「いいなぁ~」と映像をぼんやり見ていればいいのです。

本当はそこからそのイメージを自分のイメージ(自分が英語を話しているイメージ)に切り替えるのが良いだそうですが、想像力が乏しい僕は上手くできませんでした。

だから英語をガンガン話している同世代の男性を「かっこいいな~」と眺めているだけでしたが、それでもやる気が出てスピードラーニングもはかどりました。

ぜひ試してみて下さい。「イメージトレーニング?そんなバカバカしい・・」なんて思ったらもったいないですよ。良さそうなモノだったら片っ端から試した方が良いと思います。