コツその33 完璧主義なんか捨ててしまえ②

この完璧主義というのは学校英語で培ったものじゃないかと思います。

冠詞や前置詞一つ一つもおろそかにしないように指導を受け、英作文の際はそれらを抜かして答案を書くとしっかり減点されます。

その流れで、スピードラーニングを聴く際も、「一言一句すべて聞き取らなければならない。全て聞き取れるようになってから次の巻に進む」。

こういった取り組みをしている人もいるのではないかと思います。

やめたほうがいいと思います。たぶん挫折します。無理は禁物です。

スピードラーニングを聴くときは「なんとなく聞き流す」でどんどん先に進めてゆくのがコツです。

例えば1時間英語を聴くとしたら、こまめに停止ボタンを押しながら時間をかけて1回聴くのではなく、同じ1時間でざーっと流して5回聴くのです。

最初はもやがかかってような言葉が、繰り返し聞いているうちにだんだんと

はっきり聞き取れるようになることはよくあることです。

LとかRとかやたらキレイな発音にこだわる人がいますが、英語はリズムもとても大切です。

このリズムについては繰り返し聴くことにより身に付きます。

スピードラーニングを聴く場合は精確さよりも聴く回数にこだわりましょう。

スピードラーニングの効果を高めるためには完璧主義を捨てることも大切です。