コツその17 スピードラーニングの好きな巻を作る。繰り返し聴く

スピードラーニングには様々なコンテンツが含まれています。様々な登場人物や考え方が出てきます。そうなってくると好き嫌いが出てきて当然です。私も好きな巻と嫌いな巻がありました。好きになれない巻があった時は数回聞いて(全く聞かないのはもったいない)以前の巻を聴くようにしました。

なぜかというと、このサイトで繰り返しお伝えしているのですが、「嫌なことは継続できないから避ける」ということが大切だからです。スピードラーニングに限らず、英語学習は継続が何より大切なのです。

逆に好きな巻については、もうフレーズが口から出てきてしまうほど聴きこむ。暗記するほど聴きこむ。暗記しようとすることはお勧めしませんが、覚えようとしなくても覚えてしまうほど聞く事は良いことです。

私の場合は第27巻「ブロードウェイとジャズ」がそうでしたね。ジャズが生まれてくる背景を説明している箇所で「日々の生活はつらいけれど人生ってすばらしいんだ」といった内容のフレーズが出てきます。なんかジーンとして、何度も何度もききました。だからそのフレーズは今でもハッキリ口に出して言えます。

飛ばす必要があるほど好きになれなかった巻は、それほどありませんが、嫌いな巻は無理して聴く必要はないと思います。そこを飛ばしたからといって今後の英会話力に支障が出ることなんてないでしょう。

スピードラーニングは好きな巻を楽しみながら聴きましょう!