コツその48 苦手な人はジュニアコースはいかが?

「スピードラーニングは難しい、知らない単語だらけだし、テキストを読んでも理解できない」。

もしアナタがそう感じるのであれば、スピードラーニングは一旦やめたほうが良いかと思います。効果を感じる前に英語が嫌いになってしまう可能性がありますから。

そういった人には中学英語のおさらいを勧めるのが一般的です。サラッとでいい。例題を解いたり暗記したりする必要もありません。サラッと一通りやる。

でもそれがキツイと感じる人もいるはずです。「今さら文法なんかやりたくない、だから聞き流すだけのスピードラーニングにしたんだよ!」ということですね。

そういった人はスピードラーニングジュニアを試してみてはいかがでしょうか?

スピードラーニングばかりが宣伝されていますが、実はシリーズ商品の中にジュニアコースがあるんです。(ちなみに中国語や韓国語コースもあります)

私自身、実際に商品は使ったことはないのですが、公式サイトの商品説明を読んでみると、文章や単語も易しそうです。「みにくいアヒルの子」が入っているくらいですから。

「子供向けの商品なんて!」と思うかもしれませんが心配は無用です。

大人の場合でも初心者であれば絵本から英語を学ぶことはありますし、効果もあると言われています。子供向けのアニメで英会話をマスターしたという私の知人もいます。

児童向けの教材であれば、高尚な文学作品のように状況描写がえんえんと続くこともなく、会話主体ですから効率よく英会話が学べます。

幸いスピードラーニングは無料サンプルで試せるようになっています。自分には合わないなと思ったら返品してしまえば良いのです。

よく口コミサイトを見ていると「スピードラーニングって効果ありますか?」というカキコミがあります。スピードラーニングの評判を調べているんです。

しかし、無料で試せるのですから、実際に自分で試してみるのが一番です。

公式サイトの説明によれば、プロゴルファーの石川遼さんも最初はコレから始めたみたいです。

肩の力を抜いてとにかく英語を楽しみましょう。