コツその20 部屋の掃除で英語が上達する?

部屋の掃除とスピードラーニング?一見関係ないようですけど、私の場合は大いにありました。

英語の部屋にするのです。
例えば仕事から帰宅して着替えて「ホッ」と一息つくとします。この時皆さん何をしますか?

以前の私はお気に入りの音楽を流しながらベッドの上にある本を読んでいました。ご飯食べてお風呂入って今度は趣味の雑誌を読んだりしてました。

ここです。

「お気に入りの音楽」と「本」「趣味の雑誌」というのが私の時間を消費していたのです。

これを一気に片づけて物置に仕舞い込んだのです。ミュージックプレーヤーの音楽データは消去。スピードラーニングと英語の朗読しか入っていません。CDと本は段ボールに放り込んで物置に入れました。

すると着替えた時も、風呂上りもスピードラーニング聞いたり洋書を読んだり、電子辞書の検索履歴の単語を眺めたりしました。スキマ時間に英語に接するようになりました。

これはコツコツと整理するのではなく
一気にやったほうがよいと思います。
私も休日を利用して一気にやりました。

部屋の掃除は誰でもできると思います。英文の暗記より遥かに楽だと思います英語学習を難しい理論で云々するのではなく作業に落とし込むのですスピードラーニング活用に根性は似合いません

あれだけ好きだった音楽もさっぱり聞かなくなりましたし購読していた雑誌も買わなくなってお金も浮きました私たちの人生ってこういう習慣的な動作の集積だったりします。この習慣的なモノって本当に好きだとか必要だとかそういうものじゃなくて、惰性でなんとなく行われてたりします。

そこを変えてしまうのです。大丈夫です。いまだに禁煙できない意志の弱い私もできましたから。

雑誌読まなくなったり、音楽聞かなくなってフラストレーションが溜まるかなとも思いましたがそんなことはありませんでした。むしろ自分の向上が実感できるので楽しくなりました。

掃除してガラガラになった本棚はやがて洋書で埋まり始めました。カッコいいインテリアになりました。ブックオフで買ってきた中古の洋書です。100円のモノが多いです。まだ読んでないのが大半ですけどいいんです。英語の部屋になったことでスピードラーニングを聞く時間は確実に増えましたから。

英語習得を簡単な作業に置き換える。
おすすめです

Tagged on: