人気教材の効果と口コミ | 間違いだらけのスピードラーニング
コレを知らずしてスピードラーニングを買ってはいけない。
コラムへ

誰も知らないスピードラーニングの真実

TV広告でお馴染みの聞き流す英会話教材スピードラーニング。インターネットで検索すると口コミや評価が数多く書き込まれています。

しかし評判は決して良いものばかりではありません。スピードラーニングを使ったが効果がなかったと書いている人もいます。

あたりまえです。多くの人がスピードラーニングの使い方を間違えているんです。スピードラーニングは特殊な英語教材です。書店などで売られている英会話教材のような使い方をしてもまず効果は出ません。

私は自慢ではありませんが、かなりの英会話教材に手を出しては失敗しました。基本的に3日坊主です。根気が無いですし、英語を話したいというモチベーションもそれほど高くはありません。

しかし、あることに気づいてそれを実践したらスピードラーニングがとても楽に続けられるようになりました。努力らしい努力も必要ありませんでした。もちろん効果は十分すぎるほど実感できました。

スピードラーニングで効果を出すためには独特のコツがあります。どれも簡単なものばかりです。それをお伝えしたいと思います。

コツその1 根性に頼るから失敗するのです【スピードラーニングのコツ】

コツその1 根性に頼るから失敗するのです【スピードラーニングのコツ】

スピードラーニングを始めようとしている皆さん。 さぁ頑張るぞ、今度こそ!と鼻息荒いかも知れません。でもご注意ください。根性論に頼るときっと失敗しますよ。 根性やヤル気を否定しているのではありません。努力は尊いものだと思います。努力で英語を習得した人も沢山いると思います。 しかし「聞き流すだけ」という、いかにもラクそうなスピードラーニング始めた人達は、今まで英語学習においてはたぶん根性がなかった人達なんだと思います。 もちろん私もそうです。評判の良い英会話本を口コミサイトで見つけてネット通販で次々に買うのですが、効果を実感する前に全部途中で投げ出してしまい…

コツその2 初めのうちは英語が聞き取れなくても気にしない

コツその2  初めのうちは英語が聞き取れなくても気にしない

こう書いてしまうと不安に感じる人もいるかもしれませんね。でもスピードラーニングを始める場合はこの心構えは大切だと思います。 スピードラーニングのサンプルを取り寄せて初めて聞いたとき、「早くて聞き取れない!」と感じました。今改めてスピードラーニングを聴きなおしてみると、むしろ遅いと感じるくらいですが、その時はそう感じたのです。 でも「最初から聞き取れるのであれば、やる必要ないし…」と気を取り直して、というか開き直って始めることにしました。幸いスピードラーニングには英語の後に日本語が流れているので意味はわかります。ですから聞き取れなくてもそれほど苦痛ではあり…

コツその3 スピードラーニングは一度にたくさん聴こうとしない

コツその3 スピードラーニングは一度にたくさん聴こうとしない

最初から無理して何時間も聴こうとしないほうがいいと思います。 ノルマ感を持って始めると続かないことが多い。少しずつでもいいからスピードラーニングを毎日聞くようにしましょう。最初は1回5分からでもいいと思います。 ポイントは継続なんです。英語を聴く習慣をつけることだけを考えればいい。僕の場合はもう2年以上ほとんど毎日欠かさず聞き流しを続けていますが (もちろん効果は出ています。)無理しなかったことが勝因だと思っています。 たとえば仕事で遅く帰ってきて、すぐにベッドに入るときもありました。そのときは5秒くらいだけ聞きました。 5秒で身につくことなんか殆どない…

コツその4 スピードラーニングを無理に暗記しようとしない

コツその4 スピードラーニングを無理に暗記しようとしない

学校英語のクセがこれですね。暗記。最初は無理に暗記しようとしないほうが良いと思います。 スピードラーニングの1巻が届いた。わからない単語を調べて、暗記して、全部暗記したら2巻に進む。その予定でいるのだけれど、1巻が終わらないから2巻に進めない。そうこうしているうちに、新しく届いた教材が封も切らずにどんどん溜まっていってしまって、挫折。こういう人いると思います。 無理があると思うんですね。効果を出したいからそうするんだと思うんですけど、それができるような凄い人ならばきっとスピードラーニングなんてやらなくても、もうペラペラになっているんじゃないかと思うんです…

コツその5 スピードラーニングのテキストはあまり見ないほうが良い

コツその5 スピードラーニングのテキストはあまり見ないほうが良い

テキストはあまり見ないほうが良いと思います。なぜか?途中で挫折してしまうからです。 コツその2のところでも書きましたが、最初のうちは「継続すること」「英語を聴く習慣をつけること」が何より大切です。それなのに「テキストを見ながら英語を聴く」と決めたらどうなるでしょう。 例えば僕はスピードラーニングのテキストを持ち歩いたことがありました。電車にのる、さあ英語を聴くぞと思ってテキストを開く。となりの女子高生が「このオッサン…」と横目でのぞきこんでくる。もうダメです。人目が気になります。 「ならばテキストは家で…」と決めたとします。仕事を終えて疲れて帰ってきます…

コツその6 聞く場所を変えてみる~気分転換のすすめ

コツその6  聞く場所を変えてみる~気分転換のすすめ

しばらく続けていると、中だるみというか、時々飽きてくることってあるんじゃないかと思います。僕もありました。 最初は新鮮味があったスピードラーニングも毎日続けているとマンネリになってしまいます。「今日ぐらいやらなくていいかなぁ~」なんて思った時もありました。 そんな時は気分転換がお勧めです。 僕はコツ1のところでも書いたのですが、「根性に頼らなくて良いシステム作り」というのに凝っていた時がありました。 その時に読んだ本(題名は忘れました)に「定期的に気分転換をするとモチベーションが維持できる」といったことが書いてありました。 だから「疲れているし、今日はや…

コツその7 英語学習について語り合える仲間を持つ

コツその7  英語学習について語り合える仲間を持つ

スピードラーニングに限らず、英会話を始めると伸び悩む時期、いわゆる壁に当たることがあります。 そういった時に英語を勉強している人と語り合ったり、英語を習得した人に話を聞いてもらうとヤル気が出てきます。 僕の場合は英語が話せる友人がいましたので、彼と時々会うようにしました。「食事でもしよう」ということで会うのですが、途中から必ず英語学習の話になります。彼は社会人になってから英語を学び今では英語を使って仕事をしています。 僕から見ると「スゴイ!」の一言ですが、そんな彼でも英語のトレーニングを頑張っているのです。インターネットで海外のドラマを見たり、ライティン…